スポンサーサイト   /   --------  --時 --分 --秒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Flashの配色   /   20080313Thu  00時 44分 26秒
素人のフラッシュアニメを見ると、絵のうまい下手や、ネタはともかくとして、
配色が悪いものを良く見る。なんだか淡い色と黒で汚い。
最近Flashを触っていないからわからないんだけど、
ひょっとしたらFlashというツールのインターフェイスが悪い所為では?と思う。
こんなの。
flash_color.jpg

Flashのカラーピッカー

これ、たぶんプロでも使いにくい。
配色という事に絞って考えるならHSBで色をとる方法が一番使いやすいと思う。
hsb.jpg

フォトショップのHSBスライダ

配色をする時、破綻しないようにするには、
H(色相)だけ変えて配色。
S(彩度)だけ変えて配色。
B(明度)だけ変えて配色。
のいずれかを行うと(比較的)綺麗になじむからだ。
(ここらへんは細かく説明するとテクニックとか色々長くなるので割愛)

Processingに配色がとても綺麗な作品が多いのは色相をランダムで描画する機能を使う人が多いからだと思う。

アナログの画材で描くとわりと配色がうまくいったりするのは、画材を作っている人が、そういう風に設計しているからだ。
だからフォトショップで色を塗りはじめた漫画家が、すごく変な色使いになったりするのは、きっとそうやって配色を設計してくれる人がいなくなってしまった為だと思う。

ツールを作る時には、見栄えが良くなるように導くような設計をしようよ。ってお話でした。

(配色について色々知りたい人は、ピエブックスの「色彩力―PANTONEカラーによる配色ガイド」の最初のあたりとかを読むといいと思う。あれは良い本です。アマゾンだとプレミアついてるけど
Secret

※コメントはスパム対応のため承認されるまでは表示されません///////////
TrackBackURL
→http://graphicnews.blog102.fc2.com/tb.php/45-f3442fb6
Top↑ Top↑ Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。