スポンサーサイト   /   --------  --時 --分 --秒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  /   20091223Wed  12時 27分 47秒

とりあえず一個記事をアップしてみて、BlogWriteは悪くなさそうだ。

入ると書いてあった一行広告も無いし。

有料版はHTMLが触れるらしいから、それもおもしろそうだ。

環境が整ったら触ってみる。

 

せっかくなので何か記事を書いてみる。

SDIM0577.jpg
(夏の北海道の夜空 デジカメで)

 

 

↑これ星マークだとされているものだけれど、実際にこんな形の星はナイ(あったりして。でも見たことない)。

実際には※とか*とかの形の方が目にする星の形に近い。

自然物で☆に近い形といえば、ヒトデだ。

星型のブローチ!といっても実際はヒトデ型。

僕はヒトデが好きなのでとてもよいと思います。

むしろ表面のぶつぶつとかがもっとリアルでもいいです。

ヒトデ型のブローチの事をキミはどういうか知らないけども。

 

例えば星を*と描いて「星です」と言っても通じない状況というのが意外と多くあると思う。

ひどい時は☆じゃなきゃダメだなんて言われる事もある。「コードに沿え」ってね。

☆は、かわいくて良いアイコンだと思うけど、

星を☆で描くと、「中心が光っていて、目の虹彩の形に光の筋が伸びている」という情報が薄くなっちゃう。

逆にリアルに描くと情報が多すぎるからアイコン化しているとも言えるのだけれど、

アイコンが当たり前になりすぎて本来の星の形の事を全く考えない人もいるし、酷い時には、それを否定する人も出てくる。

繊細にモノを感じている人は*とも描けるし※とも描けるし、もっとリアルにも描けるけど、

なんでもかんでも☆って描いてしまう人は「あんまりモノを見る派じゃないです。」と発表しているのと同じとも言える。

発表するのは本人の問題だからいいけども、否定するっていうのはどうなんだろうね。

しかもそれは誰かが作ったアイコンなのに~。

て、繊細派は内心思っている。

 

ていうことになっちゃってる瞬間てすご~くおおいよね。星だけじゃなくてね。

僕はノイズまみれでも繊細にモノを見て、そのノイズをみんなで認めあっている状況が好きだな。

俺もうっかり気をつけよ。

 

じゃまた来週。

Secret

※コメントはスパム対応のため承認されるまでは表示されません///////////
TrackBackURL
→http://graphicnews.blog102.fc2.com/tb.php/195-01302835
Top↑ Top↑ Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。