スポンサーサイト   /   --------  --時 --分 --秒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珍しいキノコ舞踊団“The Rainy Table”   /   20090322Sun  13時 59分 24秒
珍しいキノコ舞踊団のThe Rainy Tableを見てきた。

コンテンポラリーダンス。
単独公演を見るのは初めて。
すごいキた。よかった。


まず、舞台っていうものがクるなー。

僕は舞台を見ることって、ほんとに経験が少ないから、特に感じるのかもしれないけれど、

普通、一時間以上も1人の人間をただじっ、とみるって事ない。
例えば、人と話している時はこっちも話しているし、クロッキーなんかしている時でもこっちは手を動かしている。ライブでも乗ったり音楽を聴いたりで、じっとしてない。
ただ、ただ、じっ、と「見ててもいい」という状況って、ない。

それがまず、すごいクる。
それが女の子でしかもみんなかわいいんだよこの舞踊団は!どきどきする。

そして舞踊団だから声を発しない。そしてストーリーもない。
それが、見る人間を、その人の体、動き、息遣いに対して強烈に集中させる。
踊りという動き。動きの美しさをのために、女性的な恥じらいのない動き(躊躇なくまたをひらいたりとか)が、まだ意識の中に男女もなにもなかった少女を思わせる。
どきどきする。

あとさー、体が柔らかい女の子特有の雰囲気っていうかさー
「雰囲気のある女子は体がやわらかい」ってリリーフランキーの本にも描いてある通り(「女子のいきざま」だったかな)。
そして、ポップでパステルカラーの顔をした演出、衣装、照明、音楽。
うっかりするとただのエロになっちゃいそうな所を、そういうもので固めて、完全に別のものにしている。
でもたまにエロ視点で見ている自分に小さな罪悪感を感じたりして、なんだろな、この感じ。

動きの面白さが中心なんだけど、全然それだけじゃなくて、なにもかも全部が合わさって、見ている間中、色んな事を思わされてしまう。
変な体験だった。ちょう満足。
今まで見たことのなかった質の娯楽だった。
ずっと気持ちよかった。

毎週見たいっす。
Secret

※コメントはスパム対応のため承認されるまでは表示されません///////////
TrackBackURL
→http://graphicnews.blog102.fc2.com/tb.php/141-4ebb6129
Top↑ Top↑ Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。