スポンサーサイト   /   --------  --時 --分 --秒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンジニアVSビジュアルデザイナー   /   20090329Sun  01時 59分 48秒
http://d.hatena.ne.jp/nazoking/20090325/1237967079
デザインの善し悪しも証明できる

これわかるなー。
そして元記事の人の気持ちも、あまりにもわかる(笑)

そう、Googleでは2種類の青色のいずれかで決めかねたら41の中間色をテストして最もパフォーマンスのよいものを選ぶというのは事実なのだ。先日、境界線の幅を3ピクセル、4ピクセル、5ピクセルのいずれにするかが問題になったとき、自分の意見を証明するよう求められた。このような環境で仕事をすることはできない。そうした些細なデザインの決定を論じるのにはもううんざりだ。
グーグルのビジュアルデザイン責任者が退職--データ中心主義に嫌気:ニュース - CNET Japan



「じゃあなにか?左上から1ピクセルずつパフォーマンスを検討していこうか?#FFFFFFにする?#FEFEFEにする?隣はどうだ?」
エンジニアA「うーんじゃあ統計をとってみようか」
エンジニアB「じゃあどのピクセルから統計をとろう?」
エンジニアC「よし統計をとって決めよう!」


ここで言う「最もパフォーマンスの良いもの」のパフォーマンスが何を指しているのかさっぱりわからないが、
人が「使う」デザインに関しては、何事にも裏づけや理由や証明が、あれば、あったほうがいいんじゃないかな、とは思う。デザインが強固になるし。

そして、境界線の幅を3ピクセルにしようか、4ピクセルにしようかなんていうのは、
どーでもいいんじゃないの?とUIデザイナーの俺は思うのだ。
どーでもいいから自分の気分のいいピクセル数にして、それに合わせて全体の調整もある程度詰めて持っていくと、理由を述べよだって!?
馬鹿な!どーでもいいじゃん!
どーでもいいんだけど、このピクセル数に合うように全体を調整しちゃったし、
スクロールしないとわからないけど、ここのラインの細さは、画面最上部のロゴに対して効いているんだ!
なにがどう効いてるんだって?そんなこともわからないのか?これだから素人は!
100万枚絵を見て目を鍛えてからもう一回来い!

なんてことは、まあ、よくある。デザイン業界は恐ろしいですね。

このBowman氏っていうのは、そういう自分がどーでもいいと思ってたことまで追求されていやになっちゃったんじゃないだろうかな~。
「それくらいはビジュアルデザイン責任者の俺権限で決めさせてよ~」だ。
もしくは「もっと早く言えよ!」(エンジニアD「ここにラインが描かれるなんてこれを見るまで知らなかった」)
それか
「意見も言ってくれてかまわない。でもこの何気なく引いたラインまで信用できないというのか?そこまで俺を信用できないと?」
信用されてないんだろうな~~~~~~。
社内序列でデザイナーの地位が高くないって書いてあるしな~。
ストイックな画面構成でお馴染みのgoogleだからな~。ぽいな~。

そもそもgoogleなんかビジュアルデザイナーが作り出すグラフィックの魅力で売ってる企業じゃないんだから、ここまで技術者が口出しをして、デザイナーの事を信用してないような会社なのであれば、デザイナーはみんな解雇したほうがいいんじゃないかな。

最後に、僕はビジュアルデザイナーよりなのでビジュアルデザイナーよりの立場で書くけど、
エンジニアがデザイナーの事を信用していないと感じる事は多い。
それは少しばかりユニークなクソUIを生み出すデザイナーが多いせいもあるんだけど、
UIデザイナーの多くは少しでも信用してもらうために日々悩んで学んでいるつもりなんだ。
もう少し信用してほしい。俺だけでいいですから!

じゃないときっといつか自分を信用できなくなる。自分を信用できないと新しいものは作れない。
デザイナーのデザインを少しも信用してくれないのならデザイナーだなんて呼ばないでくれ。

お、なんかかっこよくなってしまって申し訳ない。
でも間違ってないと思うから、今度「信用されてないな~」と思ったら「僕のこと信用してくれてないんですね・・・」って涙目で言ってみよ。ショタボイスで。

なんつって、googleやlivedoorReaderを見てると、Web業界は、デザイナーがデザインをするんじゃなくて、異常に絵心のあるエンジニアが作っていく時代なんじゃないかなーって思うけどねー。
で、そういうのを見て育ってきた若手がガンガン台頭する、と。
俺Web業界じゃなくてよかった~。
スポンサーサイト
珍しいキノコ舞踊団“The Rainy Table”   /   20090322Sun  13時 59分 24秒
珍しいキノコ舞踊団のThe Rainy Tableを見てきた。

コンテンポラリーダンス。
単独公演を見るのは初めて。
すごいキた。よかった。


まず、舞台っていうものがクるなー。

僕は舞台を見ることって、ほんとに経験が少ないから、特に感じるのかもしれないけれど、

普通、一時間以上も1人の人間をただじっ、とみるって事ない。
例えば、人と話している時はこっちも話しているし、クロッキーなんかしている時でもこっちは手を動かしている。ライブでも乗ったり音楽を聴いたりで、じっとしてない。
ただ、ただ、じっ、と「見ててもいい」という状況って、ない。

それがまず、すごいクる。
それが女の子でしかもみんなかわいいんだよこの舞踊団は!どきどきする。

そして舞踊団だから声を発しない。そしてストーリーもない。
それが、見る人間を、その人の体、動き、息遣いに対して強烈に集中させる。
踊りという動き。動きの美しさをのために、女性的な恥じらいのない動き(躊躇なくまたをひらいたりとか)が、まだ意識の中に男女もなにもなかった少女を思わせる。
どきどきする。

あとさー、体が柔らかい女の子特有の雰囲気っていうかさー
「雰囲気のある女子は体がやわらかい」ってリリーフランキーの本にも描いてある通り(「女子のいきざま」だったかな)。
そして、ポップでパステルカラーの顔をした演出、衣装、照明、音楽。
うっかりするとただのエロになっちゃいそうな所を、そういうもので固めて、完全に別のものにしている。
でもたまにエロ視点で見ている自分に小さな罪悪感を感じたりして、なんだろな、この感じ。

動きの面白さが中心なんだけど、全然それだけじゃなくて、なにもかも全部が合わさって、見ている間中、色んな事を思わされてしまう。
変な体験だった。ちょう満足。
今まで見たことのなかった質の娯楽だった。
ずっと気持ちよかった。

毎週見たいっす。
弱々しいギャグがなんとなく流れる青春映画   /   20090322Sun  13時 45分 36秒
おおおおおおおお、俺はちょっとダメだった!
…いや、予感はしていた。

信用のおける人達の歯切れの悪い感想を多数目にしながら、それでも、それでも大画面で宮崎あおいを見たいが為に…。

少年メリケンサック見てきました。

入口の寄り目で嫌な予感がした。
これはコメディではなくギャグ映画ですよ、というメッセージだろう。
しかし、ギャグ映画のフリをしながらも、ギャグに載るわけでもなく、どんどん出てくる本物のパンクス達。

この映画はどっちに行きたいんだ?


せめて「パンク」なら。
シドビシャスのコスプレでアナーキーインザU.K.を歌うような、型にはまった「パンク」なら。
田口トモロヲや峯田や遠藤ミチロウが出ていなければ。

映画の中で大失敗となる演奏が出て来る。
しかしあれもパンクの姿じゃないのか。
声も出ず腰も立たない中歌おうとする姿勢。
そして、いったいどんな体験が得られるのだろう?というのもパンクを見に行くひとつの姿勢じゃないのか?
あれに誰の一人も興奮してない映像は嘘にしか見えなかった。
そしてその嘘を受け入れているこの映画は、僕の知るパンクとは違う世界だったのだが、
そこに出ている人物は本物のパンクス達で、そんな人達が平気な顔をして出ていて、それがとても悲しかった。

ぼくは宮藤官九郎作品をあまり見た事がなかったのだけれども、あいつは話のわかるやつだ、と、なんとなく思っていた。
だからこの映画を見た後、余計に悲しい気持ちになってしまった。

宮崎あおいがいい女になっていく物語としては、素晴らしいとおもう。
なにより宮崎あおいが可愛かったし、序盤の宮崎あおいが演じるカンナは腹立たしく、
どんどんいい女に変わっていく様は見ていて気持ちよかった。
いい演技、いい演出だったに違いない。
ウンコ、酔い、顔を歪め、泣き、冷酷な顔で相手を追い詰める仕種等、フェティッシュな魅力が詰まったイメージ映像として見るなら100点の出来。
やや下品な見方だが、ありだと思うし、ぼくは満足した。


つまり、パンク映画だと思ったら裏切られたが、宮崎あおいは相変わらずかわいかった!

イジョ!
ツバメ   /   20090320Fri  17時 55分 24秒
びっくりして飛び出た目玉と顔の間をツバメが通りすぎた。

雨が降るかも。
ブログレイアウト更新   /   20090315Sun  17時 01分 54秒
もー、なにやってもスタイルシートが崩れるから
最初から崩れても問題ないようなデザインにした。これぞ設計ってやつだね!
かならず下のほうにメニューが出るようになるのが理想かなー。
「ゴチャゴチャしたくないけど情報量は削りたくない」なら1ページあたりの情報量を減らすべきだね。
スクロール量は増えるけど、ぱっと見の印象はゴチャゴチャから救われた。

あと、作品カテゴリをつくって、ブログ上に気ままにアップしていた作品を見やすくしたよ。
みてね。
食紅   /   20090315Sun  15時 21分 04秒
shock_beni.jpg
xyouzai   /   20090304Wed  22時 54分 43秒
錠剤をトップに復活させました。
頭を「x」にしてxyouzai。
文字の収まりが良くて。
でも本当はzyouzaiの方がヘボくて好きよ。

トップのデザインは今見るとちょっと古い感じがするな。
内容が古いのは仕方ない。だって古いんだし。

僕はフォーマットっていうものが好きじゃないんだ。本心では。
フォーマットなんて全くないのにまとまりがあって面白いものがあるとステキだなって思う。
せっかくWebがそういうものだったのに、結局みんな小さくまとめたがるね。
MOTTAINAI!

フォーマットに納めようのない
あちこちで書き散らしたり描き散らしたりしたものを、また掬い上げたい。

http://kawaii-nekochan.com/neko/neko.html

あと、結局HTMLをポチポチ打っているのが好きなんだな俺は。
ホームページもそういうのが好き。ブログ反対!
前置きを   /   20090303Tue  12時 49分 10秒
前の日記「その夜明け、嘘。」の中で


仕事や趣味で自分で映像をとったり、シナリオを書いたりするという前置きで書かせてもらうんだけど、


とわざわざ前置きをした。
いやらしくとられるかなーと思いながらも、検索で見に来る人がたくさんいるだろうなと思ってわざわざ書いた。
素性の知れない人の感想よりも、こんな人がこんな事を書いている、って方が物語が生まれて言葉が定着するかなと思って。

こういうのはどうですかね?
たんにいやらしく、君とは違うんだって距離を置いた風に見えてしまいますかね?
Top↑ Top↑ Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。