スポンサーサイト   /   --------  --時 --分 --秒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーザービリテー   /   20071227Thu  01時 27分 38秒
部屋すげー寒い。

まあいいや。

当ブログのデザインなどをちょこちょこいじっている。
HTMLはまあわかるが、CSSとか良くわかんないので、
ワインでも飲みながら大体検討をつけてポチポチとやっている。
1カラム、2カラムの切り替えをどうすればいいのか未だに良くわからない。

この上の『過去の記事、未来の記事』は本当は左に寄せたい気がする。
使いごこちとしては中心揃えな気もするが、見た目のデザインでは左に揃えた方がキレイだ。
でも左に寄せると頭の『<』が不恰好でもある。代わりの記号でも探さないと。

実はこの『<過去の記事 | HOME | 未来の記事>』はダウンロードしてきたテンプレートから改良してある。少し使いにくかったからだ。


最初のテンプレートのままだと

   <<| HOME | >>

となっていた。
タイトルを表示させると

   前頁へ移動する | HOME | 次頁へ移動する

となっていた。

シンプルでキレイな見た目で、あまり問題ないように見えるが、
実は『>>』や、『次頁へ移動する』の表記はマズイ。

初めて訪れた人は、最初に表示されているエントリーを見る。
別のページを読みたければ『次項へ移動する』を押すだろう。
だからその人にとって『次項へ移動する』は、エントリー的には一つ昔の記事になる。

だけど、ブログの筆者(例えば俺とか)や、毎日見に来ているような人にとっては
次の記事は、今よりも次に書かれた記事の事を指すだろう。
だからその場合には『次項へ移動する』はエントリー的に一つ未来の記事になる。

だから、その人の状況によって『次』の意味が変わってしまう。
これは全く良くない。


そしてもう一つある。
このテンプレートは左から右へと流れる横書きを想定したテンプレートだ。
読み方の時間軸で言えば『過去→未来』となる。
だから『未来の記事』は必ず右側に存在すべきであるし、読者もそう感じる人が多いだろう。


で、このテンプレートは最初、右側の『次項へ移動する』を押すと、過去の記事へ飛んでいた。

全部逆!!

さすがにちょっとびっくりした。
もうちょっとだけ使う人の考えを汲み取ってもいいかもね。と思った。


★補足
今も暇を見つけてテンプレートをいじったりしていますが、まだまだ完成品にはほど遠いものとなっています。特に「最近のコメント」「最近のトラックバック」は全く貰えていないので、これが使いやすいものなのかどうなのかすらテストできていない状態です。たぶん今のは全然ダメです。

★★補足2
このエントリーは、テンプレートを作っていただいた雪鏡氏に対して文句や苦情を言っているつもりは全くなく、他にも色々なテンプレートを使ってきましたが、どれも全部ダメといった感じです。
ユーザビリティっていうのは特に本やWebで勉強する必要はありませんが(どうでもいいことが書いてありすぎるし)、他人が見てどう思うかくらいは考えると、デザインがグッと良くなるんじゃないかなーと思います。

★★★補足3
ユーザビリティを上げると、ダサくなるという考え方の人がいます。
ある意味正しく、ある意味では詰めが甘いだけです。
使いにくさこそが格好良さと言える事は、よくあります。アルファベットならかっこいい特に3文字の奴が一番いい、です。
また、Web上の表現となると大部分を占める文字の自由度が低く、美しい書体を選んで使えるわけではないので、思い通りに詰めきれないという事も良くあります。環境の違いも考えると気が狂いそうです。技術の進歩を待って、今のところはあきらめましょう。きっと来世紀くらいには良くなっているでしょう。

★★★★補足4
僕は特にWeb屋でもないのに偉そうな事を言っています。
スポンサーサイト
説明書   /   20071226Wed  10時 49分 02秒
おもしろい事、笑えるものが、何故面白いのかバシーっと説明できる。
ここでこういうフリがあって、このタイミングでハズしてるからココが成り立ってないように見えてココに効いてる。みたいな話だ。
でもその話自体が面白いかどうかは別の話で、興味深いかもしれないが、愉しい話じゃない事が多いんじゃないだろうかね。この話のように。
そしてその話の面白なさが、元の話を巻き込んで価値を下げる。
M-1の感想って気をつかう。
(と言ってM-1の感想の価値を下げる)
恐るべき成長   /   20071225Tue  01時 16分 21秒
僕はお酒が大好きなのだけれど
ただ唯一ワインだけが飲めなかった。
必ず悪酔い→リバース→2日酔い→体調不良
という4連コンボを食らってKO。連コインの隙も与えられず泣きながら帰路につく。

ところが、冬に入って間がさしたのかセブンイレブンで
適当に買った白ワイン(ボア・デュ・ロワ)が妙に美味しくて休みの日なんか作業をしながら昼真から飲んでる。

はまった。

僕の好きな薄味の食事にもおいしい。日本酒や焼酎じゃやや強く、ビールは味が邪魔(もしくは寒い)という時にぴったりすぎる。
和食、洋食、パン、甘味、全部いける。もちろんアテがなにも無くとも。
危険なのは、うっかり他種のお酒を飲んで、いわゆるチャンポン状態になるとあっという間に悪酔いするって事だ。ワインだけ飲んでいるうちは平気。気をつけよう。

今日はクリスマスなので2chのワインスレでスパークリングワイン情報をざっくりとかき集めて酒屋へ。やや奮発して3500円くらいのボトル。おいしすぎてあっという間にボトルが空に。
まあ、スパークリングワインは空けたら飲みきらないといけないからしょうがないよねー。しょうがないしょうがない。今泥酔中。

ヤバイな。色々飲みたくなってるあたりが。
M-1 2007   /   20071224Mon  12時 38分 29秒
M-1 2007を見た。
トータルテンボスは良さがわからないな。
ボケはいいとして、つっこみが入るたびに醒めてしまう。
でも得点は高かった。フーム。

笑い飯もネタにブレが無くて良かったと思ったんだけども敗退。
僕は笑い飯が最高に面白かった回を見逃しているのだけれど、僕の見た中では一番面白かった。
ハリセンボンのややとっちらかった印象の漫才よりもずっと良かったと思うんだけどなあ。
とっちらかった印象を持ったのは、いろんな手法でつっこみをしていた所為かな。

きっと僕は、ボケが暴れるのをツッコミが制するって形がすきなんだ。
ツッコミ側がバタバタ動くと、動いた分だけ軸がブレる。これはトータルテンボスも一緒。
ブレた分だけ次のステップに移動するならいいんだけど、また元に戻ろうとしているのが良くない。うまくやらないとネタ2つ混ぜましたみたいになるから難しいんだけど。

大きな笑いこそなかったものの、個人的に好みだったのはダイアン。
ずーっとフワフワと面白かった。来年に期待。

決勝戦は、笑いの量でいえばキングコングだったんだが、質の差でサンドイッチマンだったな。
トータルテンボスのネタがわかりにくい上に聞き取りにくかったから、全然ダメだろうと思っていたら意外と票が入っていて目を疑った。

今回のM-1は「なんか一味足りない、一味足りない」と思って見ていたら
最後に現れたサンドイッチマンで満足できたという印象。
決勝をみるまでもなくサンドイッチマンの流れだったよね。
あのビジュアル、すごくいいわ・・・。
左を太ってるって言ってるが右も太ってるし、あの古いジャケットの形といい、髪型、顔、でかいのかそうでもないのか判り難い微妙な体型、年齢不詳。(ボケはちょっと山岡司郎っぽい)
あの異質な二人がこれからゴールデンタイムとかに出ることを思うと、ちょっとテレビも見ないといかんなって気持ちになった。

あー、今年もおもしろかった。
着眼点   /   20071224Mon  12時 05分 32秒
美女か美少女かは年齢ではなく属性の問題。
視力検査   /   20071222Sat  22時 58分 08秒
先日、工事現場の壁が視力検査になっておりました。
Image0981.jpg


Image0971.jpg




Image1001_20071223001538.jpg


死にます。



素晴らしいもの   /   20071222Sat  22時 17分 27秒
素晴らしいものを作る事と
売れるものを作る事は別。

ただ両方のチカラをもったものを作る事は不可能ではない。

既存の素晴らしいものを売るには?

これがどうして素晴らしいのか、伝わる方法。
・6歳児にわかるように説明する。言葉で。
・画で興味をひく
・メリットを提示する
・既に人気のあるもののフリをする
・人気のある人に素晴らしいと言ってもらう

素晴らしいものに売れる価値を混ぜるには
・人気のある人に協力してもらう。その際、一緒に素晴らしいものを作るために努力してもらう事。
・人気のある画に似せる
・すでに人気のものとの共通項を混ぜる

ざっくりと今電車内で考えた。草案。
Top↑ Top↑ Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。