スポンサーサイト   /   --------  --時 --分 --秒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Processing   /   20080315Sat  01時 25分 10秒
何度か挫折しているProcessingが、やっぱりどうしてもやりたくて、
というか必要に迫られてに近い感じで、また手を出した。
http://processing.jp/

今までは挫折していたんだけれど、
今回は自分にあった勉強方が、ちょっとわかった感じ。


今まではdotimpactさんの書いたBuilt with Processingに書いてあることを、
最初から順にやって、丸を描いたり、パターンを描いたりしていたんだけれど、
丸を描いたり、パターンを描いたりするって言うのは、正直なところあまり楽しくなかった。
フォトショップやイラストレーターでやればすぐ出来るし。

なんだけど、今回は最初に「こういうのを作るぞ!」と決めて、
必要そうな技を使ってるサンプルとか色々な所で公開しているものをコピーしては
一行ずつ何を動かしているのか、注釈を書いて、改造してみて、ダメだ・・・なんで?を繰り返してる。
こんな感じ。「//~」が注釈だ。

AniSprite animation1, animation2;//AniSpriteはanimation1, animation2を使う
float xpos, ypos; // xpos, yposは小数点を含む
float drag = 30.0;//dragは30.0だ

void setup() {
//voidはデータを返さない関数ってこと。よくわからないけど。
//setupは必ず最初に定義する関数。ヘッダーみたいなもの?
size(200, 200);//サイズ200*200
background(255, 204, 0);//背景のRGB
frameRate(24);//フレームレート
animation1 = new AniSprite("PT_Shifty_00", 38);//animation1を指定。newは新しいオブジェクトを作るときにつけるのかな?
animation2 = new AniSprite("PT_Teddy_00", 60);//animation2を指定




行き詰ったら、また別のコードを探して注釈書いて、改造してみて。
で、わかった事がさっきのコードの判らなかった事の手助けになったりして。

これ、楽しい。推理ゲーム。

で、Built with Processingは判らなかったときの手引書としてすげく役立ってる。
だってProcessingをまともに日本語で解説してるのこれくらいだもの。
というか入門書という事もあって、すっごい親切。
Processingのリファレンスだと


Keyword used indicate a function returns no value. Each function must either return a value of a specific datatype or use the keyword void to specify it returns nothing.


とか。
えーと、キーワードはインディケートを使ってます?インディケートってなんだっけ?みたいな感じだけど。母国語万歳!って思うよマジで。

ゆくゆくは英語読めたほうがいいんだろうなと思いつつ、というかたまに必要に迫られて英語読みつつ、ゆっくりと進んでいる実感があるなー。
まだ2日目だけども、ゆっくりと何か出来上がるといいなあ。
Secret

※コメントはスパム対応のため承認されるまでは表示されません///////////
TrackBackURL
→http://graphicnews.blog102.fc2.com/tb.php/47-5a124a58
Top↑ Top↑ Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。